ガングリオンの原因と治療法 整体 手術 病院

ガングリオン(結節腫)になりやすい人とは

ガングリオンで治療を行うのは、見た目が気になったり、神経の圧迫による痛みを生じたときです。ガングリオンは基本的に悪性腫瘍ではないので、ガングリオンの症状を和らげたり抑えたりする対処療法が治療の中心になります。ガングリオンは女性のほうが男性よりも多く見られ、かつ手指の関節を日ごろから使っている人がなりやすいそうです。


ガングリオンの治療方法として一般的なのが、注射でガングリオン内のゼリー状の液体を吸い出す方法です。また、ガングリオンの治療法として圧迫して潰してしまうという方法もとられています。しかし、これらのガングリオンの治療を行っても、痛みが残ってしまったり、再発する可能性が高いといわれています。


ガングリオン治療を続けていても再発ばかりで、根本からどうにかしたいというのであれば、ガングリオンの手術を受けてしまうのも1つの手段です。ガングリオンの手術は部分麻酔をし、皮膚の下にあるガングリオンの袋を取り出すことになります。しかし、状況によっては根が完全にとりきれないこともあり、ガングリオンが再発してしまうこともあるそうです。


ちなみに元プロレスラーの長州力のジャパンプロレスが全日本プロレスから撤退する際、長州力の長期休養理由が「右手首ガングリオンの手術」とされました。またガングリオン除去手術は、生命保険における手術保障の給付対象外であることが多いため注意が必要です。

ガングリオンの基礎知識と治療方法

ガングリオンとは関節近くにある膜や粘液嚢胞に、ゼリー状の液体がたまることによって起こります。ガングリオンの治療は、悪性ではないので基本的には必要がありません。しかし、女性に多い腫瘍ですので、見た目が気になる場合や、神経を圧迫し、痛みを伴う場合には手術で除去することもあります。ガングリオンの原因ははっきりとは解明されておらず、ガングリオンの治療は対処療法が中心となります。


ガングリオンの治療は、主に「注射器でガングリオン内の粘液を吸い出す」、もしくは「圧迫してガングリオン自体を潰してしまう」という方法がとられます。しかしこれらのガングリオンの治療法はあくまでも対処療法で、根治には至りませんので、再発する可能性が高いといわれています。


ガングリオン治療で最大のネックは再発です。あまりにも気になるようでしたら、ガングリオンの手術を受けてしまったほうが良いかもしれません。ガングリオンの手術は部分麻酔をした状態で行われます。たいていの場合は1時間以内で終了しますが、メスを入れますので、ガングリオンの手術後、腫れや熱といった症状が現れることもあります。


ガングリオンの治療方法として注目され始めているのが、低出力半導体レーザーを使用した方法です。このガングリオンの治療法では再発率が他の治療法に比べると格段に低くなっています。ただし即効性のある手段ではなく、ほぼ毎日、1〜2ヶ月に渡って患部にレーザーをあてることになります。

ガングリオン治療法と手術について

ガングリオン治療は、良性腫瘍であるため、治療せずとも消失することがあるので、基本的にあまり行われていません。しかし、神経を圧迫し痛みを伴ったり、女性に多い腫瘍なので、見た目が気になる場合にはガングリオン治療を行う病院もあります。ガングリオンの原因がはっきりとは解明されていないので、ガングリオン治療は対処療法が中心となります。


ガングリオンの治療には、たいていの場合、注射でガングリオン内のゼリー状の液体を吸い出すという方法がとられます。他にも圧迫してガングリオン自体を潰してしまうという方法もあります。しかしこれらの方法ではガングリオンの根がとれず、再発する可能性が高いといわれています。ガングリオンは整体院(カイロプラクティック)の治療でも改善されたという方もいます。信頼できる整体院を知っているなら診察を受けてみることをおすすめします。


ガングリオン治療を続けていても何度も再発するようでしたら、思い切って病院でガングリオン手術を受けるのも1つの方法です。ガングリオンの手術では皮膚の下に隠れている、ガングリオンの袋を取り出すことになります。しかし施術中にガングリオンを覆う薄い膜が破けると、根が全てとりきれず、また再発してしまうこともあるそうです。


最近のガングリオン治療で注目されているのは、低出力半導体レーザーを使用する方法です。この方法ではほぼ毎日、1〜2ヶ月に渡っての通院が必要となります。しかしレーザー光をあてるだけなので、手術のように身体を傷つけることもなく、ガングリオンの再発の可能性も低いということで人気を集めています。